タグ別アーカイブ: 血糖値

難消化性デキストリン血糖値(60日目)

95kg
98cm

ご飯、雑煮、納豆、卵
親子丼
吉野家牛丼アタマの大盛り、豚汁、卵、マックフライポテトM

運動2時間弱。

マックフライポテトはよくなかったが、未来少年コナンを観ながら何か食べるものが欲しかったので仕方ない。

痩せるどころか体重が増えている。

妻によると体型は改善しているか、変化ない気がする、とのことで、あまり変化はないようだ。

大塚製薬の難消化性デキストリンについてのページを読んだが、なぜ自分は痩せないのか?

運動を全くしないわけでもないのに・・・確かに痩せている頃よりも食べる量は増えたが、そのための難消化性デキストリンじゃないのか・・・。

難消化性デキストリンを飲み続けるか否か、決めるには血糖値の確認をするしかない気がしてきた。

だけど、血糖値を測るキットが少し高いので、特段病気でもないのにそんなお金を使うのもどうか、という気もする。

Amazonの情報取得に失敗しました(B008EP4LH6は、ItemIdの値として無効です。値を変更してから、再度リクエストを実行してください。)【Code:AWS.InvalidParameterValue】

ダイエット方法

これから行おうとしているダイエット方法には、これといった名前はついていない。

ダイエットに用いるのは「難消化性デキストリン」のみ。

理屈としては、2000年頃にはやった低GI値ダイエットの説明がもっとも近いと思う。

血糖値を低くおさえるのがミソ。

低GI値ダイエットでは、そのために食物繊維を多く含む食品のリストをあげ、それら食品を優先的に摂るようにすすめていた。

が、結局のところ食物繊維を多めに摂ればいいだけなのでは・・・?と当時から考えていた。

当時は玄米やタンパク質メインの食事で、ものの見事に痩せていた。

今よりも17kg痩せていたのだ。記録では、2012年まではこの体重をほぼ維持できていた。

具体的な方法としては、難消化性デキストリンのページに載っている、カスタマーレビューにあるのと同じ方法にする。

食事前に飲み物に難消化性デキストリンの粉末を3g程度溶かして飲む。(一日10g程度になるように。)

これだけ。

試しにおーいお茶 濃い茶に溶かしてみた。

お茶が常温のせいか、かき混ぜないと溶けなかったが、一応溶けきった。

飲んでみたが、全く味に影響はない。

森永純ココアをレンジで温めた牛乳に溶かし、砂糖を少し入れたミルクココアにも入れてみたが、やはり味は変わらなかった。