カテゴリー別アーカイブ: 文房具

ユニボールシグノ RT UMN-103 黒 24

以前はノック式の0.38mmのボールペン、ユニボールシグノ RT UMN-103をかばんに入れていた。

が、ペン先が出てきてしまってかばんの中を汚してしまうことがあった。

結局のところはキャップ式のUM-151ユニボールシグノ0.38mmにした。

キャップの脱着が少し面倒だが、かばんを汚すことに比べたらマシ。

書き味や太さについてはまったく不満がない。

美少女戦士セーラームーンCrystal ミラクルロマンス指示ボール

指示ポールって会議とかでつかうあれか。

美少女戦士セーラームーンCrystal ミラクルロマンス指示ボール

三菱UM-151ユニボールシグノ0.38mm 黒

100円ショップに行ったらたまたまユニボールシグノ0.38mmを発見。ついでに買ってみた。

これも顔料系ゲルインキなんだよね。

要らないハガキに試し書きしたら、やはり自分のニーズにピッタリ。ダマにならず、にじむこともなく、スムーズ。

それはサラサ0.3mmも同様だった。
どっちを使っても変わらないな・・・とりあえずデザインの好きなシグノを使っていこうかな。

線の太さはサラサもシグノもそう変わらない気がした。

だがエナージェル0.5mmは明らかに太い気がする。

そして一番線が細かったのは、嫁さんの買った3本100円のパンダの油性ボールペンだった。
衝撃を受けた。

サラサ0.3mm黒 ゼブラ

顔料系ジェルインクのボールペンを試したかったので三菱のユニボールシグノ狙いで文房具屋に。

しかし、ユニボールシグノの0.5mmがない。

仕方ないので違うブランドで探してみた。

サラサの0.5mmは試し書きしたら太すぎる気がした。

なので0.3mmを試す。

気に入って買ってみた。

確かにダマはできない。が、使い心地はそんなに良くない。0.3mmと細すぎるせいか、何か引っかかる気がする。

スムーズさでは油性インクのジェットストリームのほうがよかったが、ダマにならないという点を重視して、サラサでいくことにした。

【追記】
引っかかりは書く対象を変えたらまったく気にならなくなった。

画用紙のような紙のメモに書くとにじみや引っかかりが出るようだ。

メモを変えたらスムーズそのものだった。