ubuntu フォント アンインストール

ubuntu 14.04に間違って衡山毛筆フォントをインストールしてしまった。本当はAoyagiKouzanFont2.ttfが欲しかったのだ。

ダウンロードしたファイルをダブルクリックしてフォントビューアーで開き、インストールした。

ダウンロードフォルダにあったやつを削除して、フォントの管理を参照して

fc-cache -f -v

をやってみたがうまくいかない。

/home/ユーザ/.fonts

/usr/share/fonts

を覗くも見当たらないのだが、Libre officeのフォント選択に出てくるし、chromiumのタブやタイトルやブックマークのフォントの一部が衡山毛筆フォントになっちゃってる。

そのうちchromiumとは関係なく、ubuntuのメニューのフォントが消えるようになってしまった。マウスでなぞると出てくる。

困っていたら、ようやく見つけた。

Ubuntu Font Manager その13 – フォントのインストールとアンインストール・フォントフォルダーを開くに書いてあった。

~/.local/share/font-manager/Library

を覗いてみたら、しれっと出てきた。

これを削除して、端末で fc-cache -f -v したら回復した。

でも、次にまた新しいフォントを入れたらトラブルが再発するのだろうか・・・?

フォントビューアーからやらなきゃいいのか。