Fire TV Stickを使ってみた

ウチの三匹の飼い猫のうち、66%は動物番組が大好き。

コンテンツによってはテレビの画面をちょいちょい触ってみたり、テレビの裏に回ってみたりする。

そこで、YouTubeの動物の動画をダウンロードして、テレビでも再生できるようMP4に変換し、USBメモリに保存してテレビに差して見せるようにしていた。

確かに猫たちは食いつくが、動画を用意するのがしんどい。

そこへFire TV Stickのリリース。最初の大安売りには乗り遅れたけど、今回の20%オフセールには乗っかってみた。

昨夜ちょっと使ってみたけど、チュートリアルが英語ではじまってビビった。

やり直したら日本語になった。

最初の状態ではYouTubeは見れず、アプリをインストールして見る。

インストールは割と簡単にできた。リモコンも直感的に使える。

iPhoneにFire TVのリモコンアプリがあるのでインストールして、音声検索してみたが、なぜかYouTubeはスルーされて、いきなりプライムビデオの画面になった。

リモコンアプリのキーボードで文字を入力して検索しても、なぜかプライムビデオの画面に戻される。

仕方ないので、テレビに表示されるキーボード上をリモコンのカーソルを行ったり来たりさせてプチプチと「こねこ」などと入力して検索した。

ものすごくストレスがたまる。そういや最近のRPGの名前入力とかって、まだこんな方式なのだろうか?

でも、猫たちがカンガルーの親子をガン見してたから、まあいいか。

もっと簡単な文字入力の方法を調べないと・・・。

あと、電源に関するコントロールが見当たらないけど、ほったらかしたらスリープになる、ということのようだ。