炭酸飲料対策

難消化性デキストリンをまったく摂らなくなって4ヶ月。

ここに来て体重が落ちてきた。

原因は「食欲が落ちた」から。

暑くなってきて、あまり食べたくなくなってきたのだ。

これは今年だけのことではなくて、毎年暑くなると食欲は落ちる。

昨年までだと、食欲が落ちた分、炭酸飲料をゴクゴク飲んでカバーしていたが、今年はお茶の比率を増やして対抗している。

スポーツの練習帰りのクルマの中で、500mlの炭酸飲料のペットボトルを簡単に二本くらい空けてしまう。

それは今でも変わらないのだが、これではいけないと思い、非炭酸飲料を摂ろうと思い立った。

お茶や水のペットボトルだと、炭酸ほど簡単に入っていかないのだ。

結果、家までお茶だけでもつことも増えてきた。

まとめると、新たな自分ルールを設けたのだ。

スポーツ帰りに炭酸ジュースを飲んでも構わないが、必ずお茶や水のペットボトルを空けてから。

まだ問題があって、帰宅後、炭酸飲料を3本くらい、がぶ飲みしてしまう。

これを1本くらいに抑えたいが、さてどうしたものか。

現在89kg。

難消化性デキストリンダイエット初日2015年11月7日には94kgだった。

そして難消化性デキストリンダイエットの最後の記事・2016年1月29日の体重の記録がこれまた94kg。

先月末から暑くなったが、ずいぶんあっさり痩せたものだと思う。